注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

市長ら街頭募金展開 能登半島地震やウクライナ支援で 「市民の理解と優しさに感謝」/岡山・真庭市

行政・公共 募金を呼びかける太田真庭市長ら=ゆめタウン久世で
募金を呼びかける太田真庭市長ら=岡山県真庭市で
         

 能登半島地震の被災地を支援しようと岡山県真庭市では、太田昇同市長ら特別職と市議会、職員労働組合関係者による街頭募金活動が行われている。いまだ戦火が絶えないウクライナに対しての「人道支援募金」も合わせて2月3日までの間、9カ所の施設などで実施する。

 27日、スーパーマーケット・ゆめタウン久世では、太田市長や小田康文議長、三ツ 宗宏教育長ら12人が募金箱を手に、「よろしくお願いします」と買い物客たちに呼びかけ、合計8万3213円の寄付が寄せられた。

 この日は、道の駅醍醐の里、湯の駅ひまわり館、湯本温泉館でも実施した。

 太田市長は「被災地や戦地のことを思うと身につまされる。つらい思いをしている人たちのために、真庭市としてできることをしていきたい。市民や寄付をいただいたみなさんの理解と優しさに感謝している」と話している。

 2月3日に蒜山上福田で開かれる「ひるぜん雪恋まつり」の会場でも行う。集まった浄財は、日本赤十字社県支部を通じて災害義援金と人道危機救援金として各地に送られる。

募金の様子
募金の様子


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG