注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

健康アプリやAIデマンド交通 一般会計は494億3500万円 市の新年度当初予算案を発表/岡山・津山市

行政・公共 津山朝日新聞社
         

 岡山県津山市は19日、2024年度当初予算案を発表した。一般会計は494億3500万円で、前年度より2.7%増。第5次総合計画後期実施計画を中心に、第2期まち・ひと・しごと創生戦略を積極的に推進する。DX健康アプリやAIデマンド交通を導入、歴史的文化財を活用した「津山城下町歴史観光まちづくり推進事業」などに重点を置きとりまとめた。26日開会の3月定例市議会に上程する。

 厳しい財政状況を踏まえた上で、既存事業の目的や実績、効果を効率的・有効性の観点から検証。谷口圭三市長は「個別事業の細かな見直し・改善はもとより、事業間あるいは課室や部局の枠組みを超えた事業の重点化や統廃合の検討を実施するとともに公民連携、民間活力の導入検討などを踏まえ編成した」としている。

 【歳入】市税は、個人住民税の定額減税などの影響から、1.8%減の129億1100万円を見込んでいる。地方交付税は、地方財政対策の見通しなどから0.9%増の130億5200万円。市債は、臨時財政対策債は減額見込みであるが、建設事業債の増から、1.0%増の30億4500万円。

 【歳出】総務費は、ふるさと津山サポート基金積立金や、定年退職者の増加などによる人件費の増などから、10.3%増の51億7600万円。衛生費はごみ焼却施設跡地利用事業や予防接種事故対策費などが増となったものの、新型コロナウイルスワクチン接種事業や津山圏域資源循環施設組合負担金などが減となったことから1.4%減の35億9500万円。災害復旧費は、農業用施設災害復旧事業(過年災)や農業関連施設等災害復旧事業(過年災)の増などから1077.2%増の3億6800万円。

 一般会計当初予算案の主な事業は次の通り。

 【総務費】▽本庁舎などへの太陽光発電設備の設置や照明LED化、EV自動車導入などによる維持管理費削減とゼロカーボンシティ実現1億7126万円▽第6次総合計画策定事業472万円▽地域おこし協力隊事業。5人増の15人に委嘱7011万円。

 【民生費】▽県内の障害のある人が制作した絵画、造形、写真を集めた第8回きらぼし★アート展とシンポジウム開催216万円▽ヤングケアラ―対策として関係者の研修や家事・育児などの支援事業281万円▽高校卒業までの子どもの医療費自己負担分を通院・入院ともに無料化5億1433万円。

 【衛生費】▽健康的な生活習慣の定着を図るためのDXを活用した健康アプリの開発・導入1699万円▽エネルギー効率の高い機器やCO2削減効果が図れる設備導入支援1230万円。

 【農林水産事業費】▽学校給食用麺類で使用する小麦粉を年間を通して津山産に切り替えるとともに、他のメニューへの拡大の研究657万円▽つやま和牛導入の補助の充実と、導入・肥育資金の貸付事業による、安定的な出荷頭数の確保1億2225万円。

 【商工費】▽ごんごバスの車両更新と、ICカード決済システム導入2261万円▽加茂・阿波・勝北・久米地域を運行する地域巡回バスなどを見直し、予約に応じたドアツードア型のAIデマンド交通の導入に向けた実証実験3505万円▽中心市街地活性化基本計画の策定に向けた基礎資料などの作成と。官民連携のまちづくりを推進するための地域協議会立ち上げ支援など3190万円▽津山の観光資源や食文化を組み合わせたワーケーションモニターツアー実施1535万円▽県、JR、県北12市町村、経済団体などが連携し、県北を舞台に現代アートを中心とした「森の芸術祭 晴れの国・岡山」を開催2221万円▽城泊事業の設計着手3354万円。

 【土木費】▽小中学校の通学路の危険個所に、歩道の設置・拡幅工事や防護柵の設置など3億9120万円▽管理河川の堆積土砂撤去の計画的実施6200万円▽城西地区の観光駐車場整備と、災害時でも使用できる防災機能を持った倉庫とトイレの整備7278万円▽津山城跡の景観整備のために樹木伐採、樹勢回復、場内舗装、園路へのジャミ石施設、トイレの洋式化など2090万円。

 【教育費】▽障害介助・発達障害などの特別な支援を必要とする児童生徒に対する学習支援のための、小中学校へのスクールヘルパー配置6651万円▽「津山芸術文化博」と題した、情報発信の一元化や市民文化活動支援500万円▽図書館電子書籍貸出サービスを津山圏域定住自立圏事業として実施761万円▽久米総合文化運動公園市民プール設計費など1581万円。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG