注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

21歳・久常涼選手 欧州ツアー初優勝 父「夢のアメリカツアーに出られるように努力を惜しまないで」  

スポーツ ツアー初優勝後、インタビューに応える久常涼選手
ツアー初優勝後、インタビューに応じる久常涼選手
         

 男子ゴルフ、欧州ツアー(DPワールドツアー)のカズーオープンは24日、パリ郊外のル・ゴルフ・ナショナル(パー71)で最終ラウンドが行われ、岡山県津山市出身で21歳の久常涼が通算14アンダーとし、同ツアー初優勝を果たした。7バーディー、2ボギーの66をマークして前日の4打差5位から逆転した。比嘉一貴選手は6位。

 久常選手は作陽高(現・作陽学園高)3年時にプロ転向、プロ1年目の2021年に国内下部ツアーで3勝。今季は欧州ツアーを主戦場としている。日本勢で欧州ツアー制覇は青木功さん、松山英樹さんに次いで3人目の快挙。

 父親の公務員・久常正人さん(45)=岡山県津山市=は「2週間続けて大きな大会があったが、予選落ちが続いていた。リフレッシュできたのだと思う。ゴルフはいつも良いスコアで回れるスポーツではない。夢であるアメリカのツアーに出られるように、努力を惜しまないで欲しい」と話していた。

ツアー初優勝後、インタビューに応じる久常涼選手


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG