注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

24、25日、津山市と美作市、勝央町の計8人が新型コロナウイルスに感染

医療・福祉
         

 岡山県は24、25日、津山市と美作市、勝央町の計8人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。このうち津山市の3人と勝央町の2人は、県内7例目のクラスター(感染者集団)と判断された。岡山市でも1人が判明し、県内での感染確認は202人(再陽性を除く)となった。
 美作市内と勝央町内は初めて。津山市内は14例目となる。
 クラスターについては、いずれも20代の津山市内の会社員男性、同居女性、学校教員女性、勝央町内の主婦と未就学の男児で、16日に県内の飲食店で会食したという。県外在住者1人も同席しており、感染の有無などを調べている。
 学校教員女性に関しては、久米南町教委が久米南中学校に勤務していると発表した。26日から28日まで休校とし、校内の消毒作業などを行う。
 津山市では、15日以降に東京都と千葉、福岡県、北海道に仕事で行っていた50代自営業男性と、市内の高齢者施設に勤務する50代介護従事者女性も感染が判明。詳しい行動歴は調査中という。
 美作市内の感染者は、50代のパート従業員女性で、17日に兵庫県を訪問したことなどが分かっている。
 また、24日にはイオンモール津山と赤堀病院が、それぞれ職員1人が感染したことをホームページで発表した。同日の判明分に含まれるとみられる。
 津山市内では19日以降、11人の陽性が確認されている。谷口圭三市長は、記者会見で「より高い意識と緊張感を持って新しい生活様式を実践し、感染予防に努めてもらいたい」と市民に呼びかけた。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG