注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

4月の岡山県議選小原氏が出馬表明

行政・公共 小原なおみ氏
小原なおみ氏
         

 2023年春の岡山県議選(3月31日告示、4月9日投開票)津山市・苫田郡・勝田郡選挙区(定数4)に、新人で保育士の小原なおみ氏(46)=岡山県津山市西吉田=が20日、無所属で立候補する意向を表明した。
 記者会見で「社会の多様性実現には多様な意見の反映が不可欠で、現在は保守が地盤を固めているが野党の議席、女性の県議も必要。労働者、女性、母親として感じてきたこと、25年間の保育士経験を生かし、その声を県政に届けようと決意した」と出馬の動機を説明。
 ▽子ども・子育て施策の拡充▽福祉施策充実▽労働環境の改善―などを掲げ「人口減少、少子化が大きな課題となる中、自身の経験から不育症、不妊症などに対する手厚い支援、発達障害を持つ子どもたちのサポート充実などの政策実現に向けて活動したい」と述べた。
 小原氏は元津山市長の宮地昭範氏の長女。作陽短期大学幼児教育学科卒。現在は市内の私立保育所に勤務しており、年内で退職予定。立憲民主党などに推薦を申請中という。
 同選挙区では、現職で3選を目指す山本雅彦氏(63)=南新座、自民=、いずれも再選を目指す本山紘司氏(43)=鏡野町小座、自民=、清水薫氏(51)=北園町、自民=、田野孝明氏(66)=勝央町岡、自民=が出馬の準備を進めており、選挙戦となる見通し。

<関連記事>

山陽新聞デジタル

任期満了に伴う来春の県議選津山市・苫田郡・勝田郡選挙区(定数4)に、新人で保育士の小原なおみ氏(46...…


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG