注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

535万125円の所得税の源泉徴収漏れ 税務署調査で判明 2事業者35件分/岡山・真庭市

行政・公共 津山朝日新聞社
         

 岡山県真庭市は2日、2019年~23年に2事業者に支払った委託料について、35件535万125円の所得税の源泉徴収漏れがあったと発表した。

 市によると、屋号を使用している個人事業主について、源泉徴収の必要のない法人と誤認したことが原因。市は2事業者から徴収不足金額を納入してもらい、先月19日に久世税務署に自主納付。延滞税と不納付加算税計68万8100円についても、併せて市で同29日に納付を完了した。

 岡山東税務署の調査で判明した。市は「全職員に対して源泉所得税の取り扱いについて文書などで通知し、適正な処理の周知徹底を図る」としている。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG