注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

JR津山駅が”100歳”に 式典で記念パネルなどお披露目 「今後も県北の魅力を発信」/岡山・津山市

行政・公共 除幕された記念看板とパネル=岡山県津山市=
除幕された記念看板とパネル=岡山県津山市で
         

 岡山県津山市大谷にあるJR津山駅の「開業100周年記念式典」が21日、同駅で開かれ、駅のあゆみを紹介するパネルがお披露目されるなど、県北の玄関口の100歳を祝った。記念入場券とオリジナル台紙のセットの販売も始まり、人気を集めている。

 式典では、作陽保育園の鼓笛隊が元気いっぱいに演奏を披露。藤原乗将JR西日本理事岡山支社長が「交通の要衝として地域のみなさんに支えられてきた。今後も、より多くのみなさんに県北の魅力を発信していきたい」とあいさつし、来賓の谷口圭三市長が祝辞を述べた。

 続いて、記念看板(高さ60センチ、幅2.4メートル)と、年表や開業当時の写真などのパネル(高さ1.8メートル、幅2.4メートル)の除幕が行われ、大きな拍手が送られた。この後、3番ホームに入ってきた観光列車「SAKU美 SAKU楽」の発車を出席者全員で見送った。

 記念入場券とオリジナル台紙は1セット1000円(税込み)、1500セットの限定販売で、同駅の「みどりの窓口」で扱っている。

 1923年8月21日に国鉄作備線として、津山駅〜美作追分駅、津山駅〜津山口駅間が設置された際に開業。津山、姫新、因美線が乗り入れ、県北の鉄道交通の拠点として地域の発展に貢献してきた。

発売を開始した記念入場券とオリジナル台紙


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG