注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

PCR検査強化/岡山県

行政・公共
         

 新型コロナウイルスを検出するPCR検査について、岡山県は8月末から1日当たりの検査能力を現在の約2.4倍の670件に拡充する。県内の医療・検査機関などの協力を得て、流行第2波に備える。
 県内の1日当たりの検査能力は6月末現在、県環境保健センター=岡山県岡山市=で70件、民間検査機関で約30件、医療機関・大学など約180件の計約280件。専用機器の導入費を県が全額補助し、民間検査機関と医療機関などの検査能力をそれぞれ約300件にアップさせる。
 厚生労働省が6月中旬に示した推計モデル「新たな流行シナリオ」に基づく県の試算によると、1日の新規感染者は最大34人、入院患者数は最大256人。検査需要は1日最大355人に達すると推計しており、クラスター(感染者集団)の発生も想定して態勢を整える。
 また県は、PCR検査の強化に加え、短時間で結果が分かる「抗原検査」、医療従事者の感染リスク低減を図る唾液からの検体採取についても普及させていく方針。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG