注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

「仲間」をテーマに描く舞台 ミュージカル「アリス」公演を前に練習も佳境 26日本番/岡山・津山市

芸術 本番に向けて舞台稽古に励む出演者たち=岡山県津山市で
本番に向けて舞台稽古に励む出演者たち=岡山県津山市で
         

 津山《風と光と心の劇場》実行委が、26日に岡山県津山市の勝北文化センターで開くミュージカル「アリス」の公演を前に、メンバーたちの練習もいよいよ最終段階へと入った。

 劇団創設25周年記念となる今回の演目はイギリスの作家・ルイス・キャロルの「不思議の国のアリス」。3〜60歳の出演者18人をはじめ、演奏や舞台設計に携わるスタッフなど計約40人で作り上げる。今作は「仲間」がテーマで、主人公のアリスがさまざまなキャラクターとの出会いを通して成長する姿を描いている。

 赤座準舞台監督や宮野友美子演出監督、歌唱の鈴木英子さん、ダンスの山岡典子さんらの指導を受けながら、週に1回約2〜3時間程度の練習を重ねてきた。22日はリハーサルを実施。キャラクターを体現する台詞の発し方を確認し、音楽に合わせた動きや立ち位置の調整を行っていた。

 今回6度目の出演で主役を務める中学2年生の長船綾子さん(14)=津山中=は「歌と演技を披露することでミュージカルの楽しさを伝えていきたい。『やってみたい』と思ってくれる人が増えたら」。花谷周治会長は「25年の節目となる公演。みなさんの応援に感謝しつつ、一同が精一杯励んできた。成果を見てもらえたらうれしい」と話している。

 午後1時15分開場、午後2時開演で、入場料は大人1000円、高校生以下は500円。
前売りチケットの購入は勝北文化センター(☎0868-36-7121)や勝北公民館内の同実行委まで。
 問い合わせは、同実行委(☎070―4737ー7478)。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG