注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

「古い写真絵葉書から見た津山」展

イベント ありし日の津山の風景に見入る来館者
         

 「古い写真絵葉書から見た津山」展が岡山県津山市新魚町の市立図書館で開かれており、歴史を伝える風景の数々に来館者が興味深そうに見入っている。26日まで。
 絵葉書を所蔵するのは、「新修津山市史民俗編」執筆者で、津山おくにじまん研究会代表の赤坂健太郎さん(瓜生原出身、岡山市在住)。赤坂さんが所蔵する絵葉書を同図書館がデータ化し、同館の公式「flickr(フリッカー)」(写真共有サービス)にも載せていることから、津山の歴史を多くの人に知ってもらおうと開催した。
 展示コーナーに約30点をパネルにして並べた。津山城解体前の明治6年ごろに撮影した天守が残る城の全景、大正末の風情ある木橋の津山大橋、昭和初期の鶴山公園の満開の桜、多くの人でにぎわう昭和30年代の鶴山動物園、さまざまな店が連なり活気のある昭和40年代の元魚町商店街など、時代の変遷を感じさせる貴重な写真がずらりと並ぶ。訪れた人たちは、昔を懐かしむように一点一点じっくりと観賞している。
 本紙でもさまざまな絵葉書を紹介している赤坂さんは「こうした展示は初めてで、これらの写真を通じてありし日の津山を感じてもらいたい」と話している。
 また図書館にある郷土資料も展示している。


ありし日の津山の風景に見入る来館者


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG