注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

「第74回全国植樹祭」のプレイベント 苗木750本を植え付け 県内各地から約100人参加/岡山・鏡野町

行政・公共 広葉樹の苗木を植え付ける親子連れ=岡山県鏡野町上齋原で
広葉樹の苗木を植え付ける親子連れ=岡山県鏡野町上齋原で
         

 「第74回全国植樹祭」のプレイベント(岡山県実行委主催)が30日、岡山県苫田郡鏡野町上斎原の恩原高原で開かれ、県内各地から参加した家族連れら約100人が広葉樹の苗木750本を植え付けた。

 2024年5月に開催される同植樹祭(主会場岡山市)の機運を高める狙い。

 伊原木隆太知事が「来年5月に向けて盛り上げを図る中、町の木であるヤマザクラなどを植えるのも意義深い」、山崎親男町長が「8月の台風で大きな被害を受けたが、木々が大地を守ってくれていることを認識し、大切に植樹してほしい」とあいさつした。

 広さ380アールの斜面にはあらかじめ等間隔に穴が掘られており、知事らに続いて参加者もヤマザクラ、トチ、コナラなどの苗木を植え込んで土を被せ、シカの食害を防ぐカバーをかけていった。

 岡山市の小学5年・田原宏祐君は「お母さんと作業できて楽しかったし、記念になった。いつか大きく育った木々を見に来たい」と話した。

 全国植樹祭は天皇・皇后両陛下が臨席される「四大行幸啓」の一つで、県内では57年ぶりの開催となる。

プレイベントで植樹する伊原木知事(右)ら
プレイベントで植樹する伊原木知事ら


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG