注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

フランス料理人から教わる本格フレンチ 中学3年生41人が 地元食材で料理体験/岡山・奈義町

教育・保育・学校 ラファエルさんに教わりながら調理する生徒たち
ラファエルさんに教わりながら調理する生徒たち=岡山県奈義町にて
         

 奈義中学校(岡山県奈義町久常)で6、7日、3年生41人が、国際交流員のフランス人から教わりながら地元のなぎビーフや野菜を使った本格フランス料理づくりに挑戦した。作りたてを味わいながら、地元食材や他国の食文化について理解を深めた。

 講師を務めたのは、昨年8月に来町したリパモンティ・ラファエルさん(37)。町民たちが異文化に触れる活動・支援を行っており、自身がフランス国内で取得した料理人(キュイジニエ)の職業適性能力資格(CAP)を生かして教室も開いている。

 6日は、1組(20人)がブルゴーニュ地方の伝統的な味を再現した「ブルギニョン風ソース」、ジャガイモと白ネギ、牛乳を使ったクリームスープ「ヴィシソワーズ」の調理を体験。班ごとに分かれて取りかかった。料理するうえで重要なのは火の加減。「焦がさないように調整して」と指導を受け、注意しながらバターでタマネギを炒めるなどしていた。最後にほどよく焼いたなぎビーフにソースをかけて完成した。

 このほかデザートのシフォンケーキに添える生クリームも作った。武中翔夢君(15)は「匂いや風味、コクがあっておいしい。フレンチにとても興味をもった。フランスに訪れてさまざまな伝統料理を食べてみたくなった」と話した。

 授業は2021年から始まった同町教委の「学校教育食体験事業」の一環で実施している。3年2組は7日に取り組んだ。

作りたてを味わう生徒たち
奈義中3年生が作ったフレンチ3品


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG