注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

アルツハイマーパネル展

行政・公共 市役所で始まった世界アルツハイマーデーの啓発パネル展
         

 世界アルツハイマーデー(9月21日)を前に、岡山県津山市山北の市役所1階市民ロビーで啓発パネル展(市地域包括支援センター主催)が始まった。30日まで。
 約40点を展示。市社会福祉協議会や美作大などでつくる「世界アルツハイマーデー実行委員会」のメンバーがシンボルカラーのオレンジ色のTシャツを着る運動、認知症の高齢者が店員となる「注文をまちがえるかもしれないレストラン」などの様子を写した写真が並ぶ。パネルの周りには、オレンジ色の布を吊るしたガーランドが飾られている。
 津山市新魚町の市立図書館や美作大などでもパネル展を行う予定。市地域包括支援センターは「地域の認知症に対する理解が深まるきっかけになってほしい」としている。
 津山城(鶴山公園)では14日から、同大では22日から、シンボルカラーのライトアップを実施する。
 問い合わせは、同センター(℡0868-23-1004)。

市役所で始まった世界アルツハイマーデーの啓発パネル展


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG