注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

キルトと服飾と写真で新たな作品 スタイリストとキルト作家の母娘 コラボ作品展/岡山・津山市

芸術 作品を発表したスタイリストのヤマモトヒロコさん(右)と母親の輝子さん
作品を発表したスタイリストのヤマモトヒロコさん(右)と母親の輝子さん
         

 岡山県津山市出身のスタイリスト・ヤマモトヒロコさん(42)と母親でキルト作家の山本輝子さん(70)=同市在住=による作品展「コレスポンダンシズ」が1日、津山市の城西浪漫館で始まった。キルトと服飾、写真で表現された親子でつむぐ新しい形の秀作が来場者を魅了している。6日まで。

 ヒロコさんは活動13年目を迎えた東京で活躍中のファッションスタイリストで、今回芸術作品を初めて発表。輝子さんが制作した過去作・近作4点とそこから着想を得て選んだりデザインしたりした衣装を撮影した写真10点を合わせて、4作品として展示。写真は友人でプロの宗像恭子さんが手がけている。

 このうち、メインビジュアルとなっている作品は、ヒロコさんの祖母・故靖子さんの衣装をほどいて作ったタペストリーに、黒い婚礼衣装に身を包む自身の娘を収めた写真が添えられており、4世代で作り上げた意欲作となっている。鮮やかな赤を基調としたタペストリーと、5歳児ならではの純粋でまっすぐな眼差しが見る人を引き付ける。

 ヒロコさんと輝子さんは「キルトを親しむ年配の方やスタイリングに興味のある若い方など、世代を超えて楽しんでもらえてうれしく思う。ぜひ、多くの人に見ていただきたい」と話していた。

藍染の技法で作ったタペストリーとそこから着想を得て撮影された写真


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG