注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

可憐に咲き始め ハスのつぼみ膨らむ 見頃の9日に「まつり」/岡山・久米南町

自然
咲き始めたやすらぎの里のハスの花=2日、岡山県久米南町で
         

 岡山県久米南町宮地のやすらぎの里で、ハスの花のつぼみが膨らんできている。約1週間後に見ごろを迎える予定で、9日には4年ぶりに「はすの花まつり」(同実行委主催)が開かれる。

 

 町おこしを目的に地元有志が毎年山間の休耕田(約60アール)を整備し、「誠蓮」「大賀蓮」などの品種を栽培している。2日時点で数輪の花が咲き始め、訪れた人たちはピンク色の可憐(かれん)な姿を眺めながら夏の風情を楽しんでいた。

 

 祭りは午前10時から開始。会場には焼き鳥やアイスキュウリ、「柚子コロッケ」「ゆずスカッシュ」などを販売する屋台が並び、ステージ上では和太鼓やギター演奏、すずこ踊り、カラオケ大会といった多彩な演目が披露される。また、川柳投句会もあり、「やすらぎ」を題にした作品を正午までを受け付けている。午後1時に集まった句を発表する。

 

 久米南町観光協会はす部会の中力均さん(79)は「花を愛でて心を癒やし、イベントを思いっきり楽しんでほしい」とPRしている。

 

 問い合わせは、久米郡商工会久米南支所内はすの花まつり実行委(☎086-728-2829)。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG