注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

ピオーネなど露地物ブドウの査定会開催

経済・産業
         

 津山市内で生産されたピオーネなど露地物ブドウの査定会が16日、東一宮のJA晴れの国岡山津山北支店で開かれた。品質は上々といい、18日から県内外の市場に向けて出荷を開始した。
 旧市域と加茂町の栽培農家でつくるJA晴れの国岡山津山ぶどう部会(森山真一部会長)の38戸が、黒々と熟したピオーネを中心にシャインマスカットも出品。美作広域農業普及指導センターの職員が糖度や色付き、実太り、房形などを査定した。
 「今夏は昼間と夜間の気温差があったため、糖度が出荷目安(16度)を超えて20度近い品もあり、色付きもいい」としている。
 同部会では、これから9月中旬にかけて約90㌧の収量を見込んでおり大阪、東京、広島、県内などの市場に向けて出荷。市内のスーパーなどにも並ぶ。

出荷前のピオーネを査定する関係者


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG
error: この記事はコピー禁止です。