注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

ブラックライトで蛍色に 幻想的なウランガラス「ひかりのかたち展」 10月2日まで/岡山・鏡野町

経済・産業 個性豊かな作品に見入る来館者
個性豊かな作品に見入る来館者=岡山県鏡野町上斎原にて
         

 ウランガラスを専門とする妖精の森ガラス美術館=岡山県鏡野町上斎原=の収蔵作品展「ひかりのかたち展」が5日、鏡野町上斎原の同館で始まり、個性豊かな光の表情が来館者を魅了している。10月2日まで。

 ガラス作家14人が同館の工房で手がけた吹きガラスを中心に54点を展示。ブラックライトを当ててウランガラス特有の蛍光の緑色を際立たせている。

 色ガラスを使った装飾を施す加倉井秀昭さん(長野県)の器やグラス、キツネやウサギをはじめ、岡本常秀さん(美作市湯郷)の愛らしいカエル、安達知江さん(赤磐市)のタンポポなどが並ぶ。白神典大さん(倉敷市)と小林亮二さん(広島県)によるユーモラスな十二支も面白い。厚みや凹凸、ガラスに含んだ色によって濃淡に変化が生まれ、幻想的な光を放つ。

 同館の三浦和学芸員は「子どもから大人まで楽しめる作品が出そろった。作家ごとに異なる色合いや質感を楽しんでほしい」と話している。
 後期は12月20日~来年4月8日に構成を変え、開催予定。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG