注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

作州津山商工会女性部 書き損じハガキチャリティ

イベント
         

作州津山商工会女性部は21日、管内(勝北、加茂、阿波、久米、奈義地域)に設置した書き損じや使い残したはがきの回収箱を集め、集計した。地域住民らから寄せられた計24万2962円分を換金して貧しい国の子どもたちの支援に役立てる。
 新野東の作州津山商工会で女性部員たちが集計作業を行い、はがき3955枚、切手380枚を確認。丁寧に箱詰めし、東京都にあるユニセフのパートナー企業宛てに発送した。はがき(63円)1枚でポリオワクチン2回分、経口補水塩7袋分、ビタミンAカプセル25錠分が購入できる。
 同活動はチャリティーとして始めて9年目。回収箱は先月13日から今月20日までの間、加茂支所(加茂町塔中)、道の駅久米の里(宮尾)、ほほえみ彩菜(杉宮)など25カ所に設置していた。

はがき、切手を集計する女性部員=作州津山商工会提供=


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG
error: この記事はコピー禁止です。