注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

倉敷ぎょうざ津山店 リニューアルオープン

食関連
         

 川崎の倉敷ぎょうざ津山店(赤田商店)が12日、リニューアルオープンした。提供メニューを増やし、店内に作り立ての料理が食べられる8席の飲食スペースを設けている。
 良質な国産の豚肉や低臭ニンニクなどで作った餡(あん)をもっちりとした皮で包んだ「生ぎょうざ」に加え、黒豚の肉と黒ニンニクを配合した「黒ぎょうざ」を新鮮な生の状態で販売。いずれも無添加で安全な食材にこだわっている。生ぎょうざ20個入り650円、黒ぎょうざ(同)750円。
 店内では焼き立てのぎょうざや、自家製のタレに漬けこんだ国産鶏もも肉のから揚げが味わえる。倉敷ぎょうざの焼ぎょうざは5個250円、10個450円。国産鶏ももから揚げは1個120円から。テークアウトも可能。
 また、午前11時からは弁当(550円)が並び、午前11時半から午後2時の間は、定食セットがある。ぎょうざは午前中に完売することもあり、電話での予約も受け付けている。
 赤田祥子店長は「肉汁のうまみたっぷりのぎょうざをはじめ、おいしい料理を食べることができるので、ぜひ来てください」とPRしている。
 営業時間は午前10時〜午後7時。定休日は木曜日。
 問い合わせは、同店(☎260020)。

リニューアルオープンした店内と提供を始めた焼ぎょうざと弁当


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG