注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

土用の丑の日 かば焼き作り追われる 市内の鮮魚店/岡山・津山市

経済・産業 ピークを迎えているウナギのかば焼き作り=かめや鮮魚店(岡山県津山市)で=
ピークを迎えているウナギのかば焼き作り=かめや鮮魚店(岡山県津山市)で=
         

 あす30日は土用の丑(うし)。1年で最もウナギが賞味される日を前に、津山市内の鮮魚店などはかば焼き作りに追われている。

 戸川町のかめや鮮魚店には7月上旬から注文が入り、週末2日間で計150本以上作る。愛知県産の生のウナギを白焼きにした後、自家製の甘辛いタレを塗ってじっくり焼き上げる。店内には食欲をそそる香ばしい匂いが立ち込める。肝付きで1本3000円から。

 ウナギはタンパク質や鉄分、ビタミンなどが豊富で、昔から夏バテ防止のスタミナ食にされてきた。4代目の髙橋芳夫社長は「こだわりの生のウナギは、ふっくらとした焼き上がりになる。精をつけ、厳しい暑さを乗りきってもらいたい」と話している。

 予約可で、問い合わせは、同店(℡0868-22-4411)。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG