注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

季節の花愛でて 色彩豊かに華道展 専敬流鶴山会が3年ぶりに/岡山・津山市

芸術 多彩な意欲作が並んだ会場
多彩な意欲作が並ぶ「専敬流鶴山会」の展示会場=岡山県津山市京町で
         

 華道の専敬流鶴山会(遠藤千恵子会長)の華道展が、岡山県津山市京町のソシオ一番街のまちなかさろん再々で始まり、季節の花を使った色彩豊かな秀作が来場者の目を楽しませている。9日まで。

 コロナ禍以前に毎年実施していた恒例の展覧会で、マスクなどの規制緩和を受けて3年ぶりに再開。師範の資格を持つ会員7人が約20点を出展している。

 会場には、基本形式に沿った生け花から「意外性のある取り合わせ」をテーマに趣向を凝らしたものまでさまざまな作品がずらり。

 桜と椿をメインに紫色のデルフィニウムを添えた大作、松の木の周りに赤い実のヒペリカムや黄緑のカーネーションなどをあしらった意欲作は、日本古来の植物と西洋の花をバランスよく取り入れ、和洋折衷の美を強調。履かなくなった靴にスターチスやカスミソウを生けたアイデアが光るのもあり、訪れた人たちの興味を引いている。

 春名克美副会長は「作品を愛でながら楽しい時間を過ごしてもらえたら」と話している。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG