注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

宗家の文化庁長官表彰を記念して 舞踊集団宮坂流が地元公演 800人を魅了/岡山・津山市

イベント フィナーレを飾った総踊り
フィナーレを飾った総踊り=津山文化センター、岡山県津山市で
         

 舞踊集団宮坂流の宗家・宮坂身志さん(73)が昨年度「文化庁長官表彰」を受けたことを記念した公演が22日、津山文化センター=岡山県津山市=で開かれ、観客約800人が華やかなステージに見入った。

 2代目家元・一樹さんを筆頭に演者約120人が歌や民舞、傘踊りなどを披露。「津山おとこ節」の音頭にのせた銭太鼓、「みちのく祭り唄」に合わせた舞踊のほか、三味線や和太鼓の演奏など豪華な演目が繰り広げられた。身志さんは扇を手に、威風堂々と力強い舞を見せ、会場を沸かせた。

 岡山県鏡野町の会社員・福田浩子さん(51)は「すばらしいステージで見応えがあり、心が華やいだ。県北の誇りでもある宮坂流の宗家が栄誉ある賞に選ばれたことは本当にうれしい。発展を祈っている」と話した。

 身志さんは「受賞はファンや家族、弟子のみなさんの支えのおかげで感謝の気持ちでいっぱい。今後は若い人たちに伝統芸能を継いでいってもらえるように励みたい」とこれまでの感謝と後進への気持ちを語った。

 同団体は、1971年に岡山県津山市で「宮坂流津山銭太鼓保存会」として発足。2021年、2代目に代替わりしたときに「舞踊集団宮坂流」へと改名。銭太鼓・傘踊り・日本舞踊・民舞を現代風にアレンジし、国内外で活躍している。

力強い宮坂身志さんの舞
力強い宮坂身志さんの舞

 


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG