注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

小さな音楽会予告

イベント
         

 懐かしい昭和の歌謡曲を生演奏で楽しむ「小さな音楽会」が1日午後1時半から、高野本郷のひまわり工房で開かれる。出演する4グループは「音楽で津山のまちを元気づけたい」と練習に励んでいる。
 城東地区のお茶処「紬」で活動しているオカリナとギターの「つむぎバンド」が「日ごろ発表する機会の少ない愛好家たちに披露の場を」と企画して3回目。同バンドのほかトレモロ(ハーモニカ)、コーラス・コスモス、フレンドリークラブ(ギター)が出演。「百万本のバラ」や「ブルーライトヨコハマ」「君といつまでも」など昭和の名曲など計27曲を演奏する。
 つむぎバンドは20日、メンバー7人が集まって小原の西苫田公民館で練習を行った。「月の砂漠」や「霧の摩周湖」などを息を合わせて表情豊かに演奏した。仁木邦雅代表(71)=高野山西=は「フィナーレは『見上げてごらん夜の星を』と『高校三年生』。歌詞カードを用意するのでみんなで歌いましょう」と来場を呼びかけている。
 会場はコロナ対策として飛沫防止パテーションやアクリル板を設置する。入場無料。問い合わせは、仁木さん(☎090―8217―2842)。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG