注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

山本精肉本店と美作グループ 「コロッケファンディング」コラボ企画

経済・産業 「コロッケファンディング」コラボ企画
         

 津山の高校生を応援しませんか―。岡山県津山市にある山本精肉本店(山下)と美作グループ(本社・昭和町)は、高校生にコロッケをおなかいっぱい食べてもらうコラボ企画「コロッケファンディング」を実施中。2カ月間に店内の揚げ物5000個の販売を達成すると、高校生を対象に7月から2カ月間、看板商品の″牛肉コロッケ″を通常110円のところ60円で提供する。
 揚げ物全てが対象(揚げる前の商品は対象外)で、いま人気のメンチカツやそずりコロッケ、ベーコンコロッケのほか、梅しそ巻、じゃがチーズ巻などバラエティー豊かな約20種類がある。5月1日からスタートし、17日現在で1574個を売り上げている。
 同店の揚げたてコロッケは″ヤマセイのコロッケ″の愛称で20数年来、津山の高校生たちの間で親しまれている。津山駅と学校のちょうど中間点に位置することもあり、揚げたて販売のサービスを始めた当初から人気を呼び、おなかを減らした高校生たちの心強い味方であり続けてきた。
 このコロッケの大ファンだという、美作マツダ自動車などを運営する美作グループの川嶋健文代表(51)が、「津山を元気にしたい」と同店の山本栄作社長(46)に今回の企画を持ちかけた。
 「若者の元気が地元の活気。おいしいコロッケをたくさん食べて、高校生を応援しましょう」と川嶋さん。山本さんは「2世代のお客さんも多く、いつまでも思い出の場所であり続けたい。コロナに負けないよう、津山を盛り上げていきたい」と話している。
 問い合わせは、山本精肉本店(☎223344)。
写真
山本社長(左)と川嶋代表


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG