注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

岡山現代彫刻の断片vol・5

芸術
斬新な彫刻作品に見入る来館者
         

 岡山現代彫刻の断片vol・5「具象×抽象彫刻 生成/新たなる試み」が奈義町豊沢の町現代美術館などで開かれ、斬新な表現の意欲作に来場者が見入っている。3月27日まで。
 5年目の選抜展となった今回は、川村洋平さん(38)=赤磐市=、松村晃泰さん(48)=矢掛町=が計約30点を出展。
 津山高校で美術教諭を務める傍ら制作に励む川村さんの新作は、廃段ボールをメインの素材に使い、巨大な人の腕の造形を筋肉や血管までリアルに表現した「ノベルまくなし」が強烈なインパクトを放つ。少女の顔をレリーフ状にした「カノエトラノコ」も印象的。
 一方、松村さんは様々な自然石と積層ガラスを組み合わせた異色作で、「Phantom―pudding―」は有機的なフォルムに不思議な生命感が漂う。さらに暗室で回転させながらスポットライトを当てている「Phantom―moon―」は、積層ガラスの複雑な反射が美しく、周囲の壁に映る流動的な光がオーロラを思わせる。
 愛知県名古屋市の大学生・関岡由莉さん(20)は「こんな彫刻は初めて。人体は段ボールとは思えないリアルな肉感。ガラスと石の組み合わせも面白く、ライティングした作品は幻想的だった」と話した。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG