注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

島根・浜田市の社中が大蛇役、子どもたちの合唱も オペラ「ヘンゼルとグレーテル」 作陽音大卒業生「Come prima 04」/岡山・津山市

芸術 26日の公演に向けて練習に励む「Come  prima04」のメンバー=岡山県津山市で
26日の公演に向けて練習に励む「Come  prima04」のメンバー=岡山県津山市で
         

 作陽音楽大学(現・くらしき作陽大学)の卒業生を中心につくる「Come prima 04(コーメプリーマゼロフォー)」によるオペラ「ヘンゼルとグレーテル」が26日、津山文化センター=岡山県津山市山下=で開かれる。石見神楽で知られる島根県浜田市の社中が大蛇役を務めるほか、子どもたちの合唱もあり、メンバーは本番に向けて練習に力を入れている。

 2015年に立ち上げ、7回目の公演。出演は、岡部しのぶさん(ソプラノ)、松本洋子さん(メゾソプラノ)、河原正枝さん(ソプラノ)、奥村哲さん(バリトン)、松本敏雄さん(テノール)、鳥越由美さん(ピアノ)、辻川謙次さん(ピアノ)。ヘンゼルとグレーテル、眠りの精、魔女役などを演じる。

 グリム童話に収められた話をもとに、フンパーディンクが作曲したオペラ作品。全3幕を日本語で上演し、声楽家であるメンバーたちが豊かな歌声とダンスで舞台を彩る。西村神楽社中の大蛇2体が登場し、うねったり、ヘンゼルとグレーテルを襲ったりする場面は圧巻という。津山少年少女合唱団とキッズコーラスNICOが歌声を響かせるほか、段ボールで作ったお菓子の家などの大道具も見どころだ。

 大谷の中央公民館などで練習しており、メンバーは「オペラは敷居の高いイメージがあるが、まずは聴いて、体験して魅力を知ってもらいたい。子どもから大人まで幅広い年齢の人たちに楽しんでほしい」とPRしている。

 午後2時開演。前売り券は一般3000円、高校生以下2000円、親子券4500円で、当日は各500円増し。未就学児は無料。津山文化センターとベルフォーレ津山で扱っている。

 問い合わせは、同センター(TEL:0868-22-7111)。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG