注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

4年ぶりのハーモニーを 市民交響楽団が16日定演 「団員みな気合十分」/岡山・津山市

芸術 仕上げ練習に励む津山交響楽団のメンバー
仕上げ練習に励む津山交響楽団のメンバー=岡山県津山市で
         

 岡山県津山市新魚町のベルフォーレ津山で16日、アマチュア市民オーケストラ・津山交響楽団の第11回定期演奏会が4年ぶりに開かれる。団員たちが本番に向け仕上げの練習に励んでいる。

 同市内を中心に真庭、美作市の大学生から70代まで約40人が出演。ゲストコンサートマスターに津山ゆかりのバイオリニスト・入江洋文さん(倉敷市)を迎え、ドボルザーク「交響曲第8番ト長調」、シューベルト「交響曲第7番ロ短調 未完成」、メンデルスゾーン「真夏の夜の夢 序曲」の3曲を披露する。

 練習では、チューニングのあとに常任指揮者の萩原勇一さんから「もう少しリズムにこだわりを持って」「周りの音をよく聴いて」といったアドバイスを受けながら、音の抑揚や曲表現のニュアンスなどを確認。息の合ったハーモニーを響かせていた。

 和田政隆代表(70)は「久しぶりの演奏会に団員みな気合十分。耳なじみのある人気曲もあるので、楽しんでもらいたい」と話している。

 午後1時半開場、2時開演。入場料は一般1,000円、高校生以下500円、全席自由。チケットはベルフォーレ津山、ヨシダミュージックなどで取り扱い中。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG