注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

日本画家・有木冬嶺の遺作本源寺へ 繊細な画風で素晴らしい 2024年にお披露目/岡山・津山市

芸術 有木冬嶺
有木冬嶺
         

  岡山県津山市一宮出身の日本画家・有木冬嶺(1874〜1949)の遺作が27日、墓所である津山市小田中の本源寺(華山義道住職)に遺族から寄贈された。

 冬嶺(本名慎三郎)は、津山藩士の文人画家・廣瀬臺山、飯塚竹斎の画風に影響を受け、山岡米華に師事して画業に精励。

 遺作は、松とキジを描いた「秋晴」をはじめ、タイサンボクとオオルリ、揚柳観音、山水、寒山拾得などを題材にした日本画、水墨画の軸装13幅のほか、色紙やスケッチ計数十点。6年前に亡くなった孫の悟さんが所持していた作品で、妻・雄子さん(78)=東京都=が夫の7回忌法要に合わせて持参した。

 「『祖父が精魂込めて描いた絵』だと大切にしていた主人の意向で納めさせていただいた」と話した。

 華山住職は「私の曽祖父が冬嶺さんと親しく、絵を教わったと伝え聞いており、日本画は繊細な画風で素晴らしい。大切に保管し、来年にはお披露目の機会を設けたい」としている。

冬嶺の遺作と寄贈した有木雄子さん
冬嶺の遺作と寄贈した有木雄子さん


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG