注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

本因坊がタイトル防衛 県北の頂点決める囲碁大会 8期目で最多記録タイに/岡山・津山市

イベント 盤面に火花を散らした第1局
盤面に火花を散らした第1局=岡山県津山市で
         

 岡山県北囲碁界の頂点を決める第41期美作本因坊決定戦(津山朝日新聞社主催、津山囲碁協会主管)が3日、同県津山市小原の西苫田公民館で開かれた。ともに永世位の称号を持つ大東邦雄美作本因坊(73)=津山市北園町=と池田晃一七段(80)=津山市福田=が相まみえ、大東本因坊が通算8期目となるタイトルを防衛。池田七段が保持していたタイトル最多獲得記録に並んだ。

 三番勝負、持ち時間60分で行った。1局目は大東本因坊の先番で開始。黒は確定地を先行させて、白は左辺に模様をつくって対抗した。その後右辺の戦いでは、黒が白石を攻めて、形勢を逆転。終盤にかけて中央でコウ争いをしながら、そのまま押し切った。201手まで黒が中押し勝ちした。

 2局目は手番を入れ替え池田七段が先番。池田七段が下辺の振り替わりを経て確定地を先行させた。大東本因坊は、上辺で白模様を広げて、戦いを受けて立った。中盤は白の模様をめぐる接戦が続き、細かい形勢のまま終盤戦に突入した。神経を使う寄せ合いを経て終局、194手まで白が3目半勝ちをした。これにより大東本因坊が2連勝して2連覇を果たした。

 大東本因坊は「2局ともに私の形勢が悪かったが、逆転できた。運が良かった。昨今の県内アマチュア大会ではベスト8圏内に残れている。更に精進したい」。

 池田七段は「好勝負だった。大東さんの碁に対する努力が私を上回った。来年も挑戦したい」と話した。

通算8期目のタイトルを防衛した大東美作本因坊


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG