注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

東ちづるさん講演 「人に役立つ社会をつくろう」 誰もが自分らしく生きられる「まぜこぜの社会」に/岡山・久米南町

経済・産業 講演する東ちづるさん=岡山県久米南町で
講演する東ちづるさん=岡山県久米南町で
         

 第38回久米南町文化講演会(同町文化協会主催)が18日、岡山県久米郡久米南町下弓削の町文化センターで開かれた。女優の東ちづるさん(63)が来町し「ワクワクで『まぜこぜの社会』を目指す!~浅く広くゆるくつながろう」と題して話し、町民約250人が聴講した。

 あずまさんは女優やタレントとして活躍する傍ら、骨髄バンクやドイツ平和村、障害者アートなどのボランティアを約30年続けている。誰もが自分らしく生きられる「まぜこぜの社会」を目指す一般社団法人「Get in touch」代表。

 人気絶頂だった32歳のとき、テレビで同郷因島の白血病の17歳の少年を見たのをきっかけに社会活動をスタート。コメンテーターが少年に向かって「頑張ってほしい」と言っていたのに違和感を感じ、「少年には何か言いたいことがあるはず」と思い、連絡をとると骨髄バンクのことを知った。以来骨髄バンクのドナ―支援活動を始めたことを語った。

 2011年3月11日に発生した東日本大震災がボランティア活動の転換期になったと話した。言語空間は「きずな」などの優しい言葉であふれていたが、「被災地で障害者やマイノリティーがそこから漏れている現実を知った。元々困っていた人がもっと困っていた」と語った。そこで困りごとをアートで可視化する「Get in touch」を立ち上げたと述べた。

 「まぜこぜの社会」実現のための多彩な活動を紹介し「社会に役立つ人になろうという言葉を聞くが、怖い言葉。人は幸せになるために生まれた。人に役立つ社会をつくろう」と訴えた。

女優の東ちづるさんを講師に招いた久米南町文化講演会
女優の東ちづるさんを講師に招いた久米南町文化講演会


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG