注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

東真産業 クーベルチュールチョコレート商品化

経済・産業 東真産業 クーベルチュールチョコレート商品化
東真産業 クーベルチュールチョコレート商品化
         

 ガソリンスタンド運営事業などの東真産業(本社・岡山県真庭市勝山)は、北房地域の自社農園で生産したニューピオーネを使ったクーベルチュールチョコレートを商品化した。バレンタインデーに向けた商戦が本格化する中、消費者の注目を集めている。
 チョコレート製造・販売のヒルゼンミルキー(同市蒜山上徳山)と共同開発。低温でじっくり乾燥させたニューピオーネと、味のアクセントとなるユズをトッピング。チョコは、カカオバターが多く含まれた滑らかな舌触りになっており、素材の風味や甘みと程良く溶け合っているという。
 価格は600円(税抜き)。御前酒蔵元辻本店直営の「NISHIKURA」(同市勝山)や真庭あぐりガーデン(同市中)で限定販売しており、材料が無くなり次第販売終了となる。東真産業の澤木正俊次長は「農法にもこだわったおいしいブドウを使用しているので、ぜひ味わってほしい。商品が地域活性につながればといい」と話している。
 同社は2015年に「花笑み農園」を立ち上げ、16年から市内外の企業と商品開発に取り組んでいる。これまでに大興産業(井原市)と「飲めるぶどう酢」を、美作ビアワークス(真庭市江川)とピオーネを原材料にしたビールなどを手がけた。

新商品「ピオーネとゆずのクーベルチュールチョコレート」


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG