注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

武藤順九「寺子屋プロジェクト」 紹介パンフレット配布

経済・産業 寺子屋プロジェクトを紹介したパンフレットと武藤さん
寺子屋プロジェクトを紹介したパンフレットと武藤さん
         

 世界的な彫刻家・画家の武藤順九さん(72)=昭和町=が子どもらの想像力育成、伝統文化の継承を狙いに全国で展開しているアートワークショップ「寺子屋プロジェクト」を紹介したパンフレットを、活動を支える一般社団法人「風の環」が作った。さらに取り組みを広げるため、近く県内外の市町村教委などに配布する。
 A4判カラー6ページ。大理石彫刻「風の環」の連作をはじめ、内外で高く評価されている生命をテーマにした制作の一方、2015年から出身地の仙台市を皮切りに、東日本大震災(11年)の津波で壊滅的被害を受けた石巻市の「雄勝硯」復興の一助として開いている「my硯(すずり)づくり」について説明。さらに「葉っぱの一生」を題材に、墨絵で自由なイメージを和紙に描く「お絵かき寺子屋」も実施しており、硯で磨った墨で毛筆を滑らすことで多様な表現を楽しみ、発想や感性を刺激できることにふれている。写真には2020年から21年にかけて開かれた津山、真庭市、奈義、鏡野町の会場で、子どもたちが生き生きと墨絵を描く様子などを掲載。
 武藤さんは「趣旨に賛同する教科書会社の掲載オファーもある。県北でも老若男女多くの方に体験してもらい、作州を●豊かな感性教育のモデル地域●にしたい」と夢を膨らます。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG