注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

江川三郎八 「江川式擬洋風建築」展示会/岡山・真庭市

イベント 江川三郎八 「江川式擬洋風建築」展示会
         

 近代洋風建築を県下で数多く手掛けた建築技師・江川三郎八(1860―1939)の業績を顕彰する展示会が、代表的な設計作品である岡山県真庭市鍋屋の旧遷喬尋常小学校舎(国重文)などで開かれ、建築模型や写真パネルが来場者の興味を引いている。9月29日まで。
 「江川式擬洋風建築」の周知を狙いに、市教委が大阪のリクシルギャラリーに資料を貸し出した企画の里帰り展。
 同小学校舎1階には、八角屋根の旧旭東幼稚園園舎(国登録有形文化財 岡山市)、ドーマーウインドウや玄関アーチが特徴的な旧吹屋小学校本館(県重文、高梁市)などの30分の1の模型を並べている。
 隣接する久世エスパスセンターには、故郷の福島県と岡山県内に現存する22施設の外観や内装を写真パネルで紹介。県北では、作州民芸館で知られる旧土居銀行本店(国登録有形文化財、西今町)、木山神社拝殿(同、真庭市)、旧遷喬小学校舎などで、大空間を支える「江川式小屋組」のトラス構造、特徴的なハーフティンバー風の意匠といった見どころを建物ごとに解説している。
 同小学校舎管理人の池田晃浩さんは「築113年になるこの校舎の空間を肌で感じながら、構造や意匠に個性が光る江川建築の魅力にふれてほしい」とアピールしている。
p
建築模型が並ぶ旧遷喬尋常小学校舎


現存建物の写真パネルが並ぶエスパスの会場


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG