注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

津山市出身の医師・仁木永祐生誕190年を、記念した冬季企画展

イベント 津山市出身の医師・仁木永祐生誕190年を、記念した冬季企画展
         

 明治の自由民権運動に尽力し「美作の板垣退助」とも呼ばれた津山市出身の医師・仁木永祐(1830〜1902)の生誕190年を記念した冬季企画展が、西新町の津山洋学資料館で開かれている。開設した学校「籾山黌(こう)」の門下生との関わりに注目しており、幅広く活躍した生涯をうかがい知れる。来年2月21日まで。
 仁木は、加茂町下津川の中庄屋の四男として生まれ、江戸などで洋学と漢学を学んだ後、籾保の医師・仁木家の養子に。地域医療に貢献する一方、籾保に籾山黌を開校し、地元などから門人を集めて漢学や医学を指導。県議会議員として政党・自由党美作支部の結成などに奔走した。
 企画展では、子孫が所蔵していた遺品などを中心に約50点を展示している。教え子で衆議院議員の井手毛三(真庭市出身)が仁木に宛てた手紙では、国会閉会後に予定する慰労会の準備について相談。麒麟麦酒(キリンビール)創業者の米井源治郎(津山市下高倉東出身)が仁木の他界を受けて息子に送ったお悔やみ状では、素直に驚いたことを伝えている。他の門下生たちによる年賀状や肖像画もある。
 生家の豊田家の家紋が入った衣や、教えを受けた藩医・宇田川興斎から譲り受けた人体人形や薬だんす、使ったとみられる医療器具、籾山黌の書見台や出席帳なども並ぶ。
 友人と訪れた林田寿美枝さん(84)=大崎=は「美作の板垣退助と言われていたことに引かれた。この地域にこれほど立派な人物がいるとは知らなかった」と話した。
 開館時間は午前9時〜午後5時(入館は4時半まで)。休館日は毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)と祝日の翌日、年末年始。入館料は一般300円、65歳以上・高校・大学生200円、中学生以下無料。
P①
仁木永祐

P②
仁木ゆかりの品々に見入る来館者


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG