注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

津山東公民館研修室「写真集と映画」稲葉なおとさん講演

芸術 津山の美しい建築について話す稲葉さん
         

 「新しいまちづくり『写真集と映画』で津山の魅力再発見!」(津山街デザイン創造研究所主催)が24日、川崎の津山東公民館研修室で開かれ、市民ら約100人が歴史的建築など地域の魅力について認識を深めた。
 写真集『津山 美しい建築の街』を発刊した紀行作家・写真家の稲葉なおとさん(62)=東京都=が講演。「時間」「天候」「季節」にこだわった撮影にふれ、冠雪の朝を狙った津山高校本館(椿高下)などの掲載カットを見せながら「明け方や夕暮れは特に美しく変化し、まちにシンボライズされる」と強調した。
 さらに鶴山八幡宮(山北)では組物や蟇股(かえるまた)の意匠、旧妹尾銀行林田支店(川崎)では格天井や和洋折衷の外装、津山文化センター(山下)では軒に連ねた四つまたの斗栱(ときょう)といった社寺建築の流れをくむ特徴や見どころを説明。ネコを手なずけ”モデル”にした1枚の裏話も披露した。
 熱心に聞き入る参加者に「東西4㌔ほどの範囲に江戸時代から明治、大正、昭和期までの名建築がこれほどあるまちをほかに知らない。魅力を再発見してほしい」と呼びかけた。
 この後、津山を舞台にした短編映画「十六夜の月子」「ホルモン女」を観賞したほか、同所のポート・アート&デザイン津山で稲葉さんの写真展も見学。
 山北の主婦・山田紀子さん(62)は「見慣れた建築の知られざる素晴らしさを教わった。市民として誇れるよう改めて実物をじっくり見て回りたい」と話した。

津山の美しい建築について話す稲葉さん

<関連記事>

「美作国アートゾーン構想」をぶちあげ、現在は津山市の城東地域で観光地再生プロジェクトに取り組んでいる...…


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG