注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

牛や豚を供養 「畜魂祭」 食用に解体された動物を慰霊/岡山・津山市 

経済・産業 家畜の魂を供養する出席者=岡山県津山市で
家畜の魂を供養する出席者=岡山県津山市で
         

 津山ミート協同組合(森岡和雄代表理事)は24日、本年度「畜魂祭」を岡山県津山市の津山市食肉処理センターで行い、この1年間に食用に解体された牛や豚を供養した。

 組合員や関係者、来賓ら約60人が出席。森岡代表理事が「本年度のと畜頭数は年度末には昨年並みの4000頭以上になる。これらの尊い命の上に市民の生活が守られており、無駄にすることなく大切にすることを約束し、霊安らかならんことを祈る」とあいさつ。読経が流れるなか、畜魂碑前の祭壇で一人ずつ焼香し、手を合わせた。

 同組合は20の業者や個人で構成。本年度は2月末までに牛3611頭、豚255頭を処理しており、家畜の慰霊のため同行事を毎年行っている。

祭壇が設けられた畜魂碑前
祭壇が設けられた畜魂碑前


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG