注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

特産の黒大豆「作州黒」の収穫が最盛期 上々の品質に仕上がる ぜひ正月の煮豆に/岡山・勝央町・美作市

経済・産業 特産の黒大豆「作州黒」をPRする水田さん
特産の黒大豆「作州黒」をPRする水田さん
         

 岡山県勝英地域特産の黒大豆「作州黒」の収穫が最盛期を迎えている。正月のおせち料理にも使われ、煮豆にすると豊かな風味となめらかな舌触りが絶品だ。

 勝央町や美作市などの勝英地域は約1000戸が栽培する全国有数の黒大豆の産地。特に同町では約350戸の農家が約180ヘクタールで手がけ、県内一を誇る。

 作州黒部会勝央支部副会長の水田周二さん=勝央町田井=は、刈り取り後2週間ほど乾燥させておいた、さやが付いたままの枝を専用の機械にかけて脱粒してJAに出荷。夏場の猛暑と少雨の影響が心配されたが、品質は上々に仕上がったという。

 JAは勝英地域全体で例年よりやや少ない200トンの収量を目指す。水田さんは「心を込めて育てた特産の作州黒。お正月に煮豆にしてみなさんで味わってほしい」と話す。収穫作業は1月いっぱい続く。

脱粒作業に励む水田さん
脱粒作業に励む水田さん


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG