注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

甘い“桃”が実るように 県内唯一の温室桃受粉作業 ピンク色の花が陽春に似た景色に/岡山・勝央町

経済・産業 「はなよめ」の花に授粉を行う石川さん親子=岡山県勝央町で
「はなよめ」の花に授粉を行う石川さん親子=岡山県勝央町で
         

 約30年前から温室桃を育て、現在では岡山県内唯一となった勝田郡勝央町石生の農業・石川裕之さん(47)方のビニールハウスでは、授粉作業が進んでいる。温度が20度に保たれた室内では色鮮やかなピンク色の花が咲きそろい、陽春に似た景色が広がる。

 同所では約13アール計3棟で、極早生品種「はなよめ」をはじめ、早生品種「日川白鳳」、「さくひめ」などを栽培。例年どおり12日から成長の早い「さくひめ」が咲き始め、その後次々と開花。今年は暖冬の影響で品種によっては開花に遅れが見られるが、花の色づきは良く、順調に育っているという。

 26日は、母・里江さん(70)と作業を行い、羽毛が付いた交配用の棒で一輪一輪丁寧に花粉を付けていた。作業は3月上旬まで続き、4月下旬には極早生品種が出荷される予定。今年は4品種の桃の木22本のから計1.3トンの収穫を見込んでいる。

 裕之さんは「糖度の高い桃が実るように、毎年栽培の仕方の研究している。おいしい桃がみなさんにお届けできるように励んでいきたい」と話している。

温室内で咲きそろう鮮やかなピンク色の桃の花
温室内で咲きそろう鮮やかなピンク色の桃の花


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG