注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

プレミアムな味わい 県産小麦「せときらら」使用のパンを試験販売 セブンイレブンで26日まで/岡山・津山市

行政・公共 セブン―イレブンで販売中のせときららを使ったパン2種類を手にする曲辰の職員=岡山県津山市で
セブン―イレブンで販売中のせときららを使ったパン2種類を手にする曲辰の職員=岡山県津山市で
         

 コンビニ大手のセブン―イレブン・ジャパン(本社・東京都)は、岡山県内で県産小麦「せときらら」を使ったパン2種類の試験販売を行っている。期間は今月26日までで、小麦粉を卸している地域商社つやまエリア曲辰は「香りが良く、魅力がしっかり生かされていてうれしい出来栄え。この機会にぜひ味わって」とPRしている。

 商品は「岡山県産小麦を味わうあんバターフランス」と、「岡山県産小麦を味わう明太フランス」の2種類。セブン―イレブン・ジャパンは地産地消の商品づくりを推進しており、パッケージに県産小麦の使用を記載している。県内の一部店舗で扱っており、価格はいずれも162円(税込)。

 使われているせときらら「もんげ粉」は津山市周辺地域で収獲されたもの。曲辰は津山産小麦の消費拡大に力を入れており、現在津山圏域のベーカリー13店舗に卸している。神戸の有名店の職人を講師に招いた講習会を定期的に開催。「せときらら」100%のパンの食べ比べイベント「パンフェスタ」を3回開いたところ人気を博し、「大盛況で自信になった。良い風が吹いていると感じている」と矢野弘之常務(69)は話す。

 今回の試験販売は大きなチャンスと見ており、「評判が良ければ本格採用になる可能性も高まる。プレミアム感さえ感じさせる味わいは食べた人の評価も上々。地元食材のパンをたくさん食べて、地域を元気にしよう」と呼び掛けている。

セブン―イレブンで販売中の、岡山県内産小麦せときららを使ったパン2種類
セブン―イレブンで販売中の、岡山県内産小麦せときららを使ったパン2種類


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG