注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

第45回「瀬戸内版画展」 開催

芸術
         

 第45回「瀬戸内版画展」が岡山県勝田郡勝央町勝間田の勝央美術文学館で開かれ、多彩な味わいの秀作に来場者が見入っている。27日まで。
 県内各地の愛好家でつくる瀬戸内版画会(島秀佐会長)のメンバー10人が、木版を中心に近作26点を町民ギャラリーに出展。
 木版画は高梁市の備中松山城や吹屋地区、鳴門海峡の渦潮といったモチーフで、多色刷りは同系色の陰影が美しく、モノトーンで濃淡を重ねた作も趣がある。墨一色では、くぎ打ちの凹凸でバラの花の質感を出した作、渋紙の版で描いた仏像も目を引く。さらに海のイメージを抽象的に表現した銅版画も並ぶ。
 岡山県美作市巨勢の主婦・岡本節子さん(58)は「繊細に花びらを彫った作品がとても印象的。多色刷りの風景は手が込んでいて素晴らしい」と話していた。

木版画などの秀作を観賞する来場者


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG