注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

第54回津山市こどもまつり開催中

イベント
         

 第54回「津山市こどもまつり」(同実行委主催)が始まり、24日は子どもたちの自由な遊び場「プレーパーク」について学ぶ講演会が大田のリージョンセンターで開かれた。
 美作大学の薮田弘美准教授が講師を務め、親子約60人が参加した。薮田准教授は「自然体験を通して五感で触れ合う遊びが判断力や忍耐力、コミュニケーション能力などの『非認知能力』を養う」と説明。その上で「子ども自身が目標を持ち、試行錯誤を繰り返しながら挑戦できるよう、遊びに没頭できる環境づくりが必要」と強調した。
 また、屋外には「ミニプレーパーク」が設けられ、子どもたちは遊具を転がしたり、花を摘んだりして自分で遊びを考える体験をした。
 竹内直美さん(35)=奈義町=は「娘たちは木の周りでかくれんぼをしながら仲良く遊んでいた。こういった体験で思いやりなどを学ぶのだと感じた」と話した。
 31日には山北の中央公園で「プレーパーク」を開催。公園内にあるもので自由に遊ぶほか、砂場の再生も行う。午前10時〜午後3時。事前予約不要。雨天時は1日に延期。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG