注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

みやびな筝曲披露 「アヤメ」見頃の神社で 唱歌や動揺など「素敵な曲ばかり」/岡山・津山市

イベント みやびやかな音色に聞き入る聴衆
みやびやかな音色に聞き入る聴衆=岡山県津山市で
         

 アヤメが見頃を迎えた岡山県津山市神戸(じんご)の作楽神社で3日、陽音会(池田陽子代表)による筝曲演奏会が開かれ、行楽客や地元住民ら約30人がみやびやかな音色に聞き入った。

 

 池田代表と同会の教室生、尺八の佐藤斎山さん(鳥取県米子)の計5人が、「ふるさと」「上を向いて歩こう」といった唱歌や「しゃぼん玉」「ふじの川」など童謡を披露。聴衆は歌詞を口ずさんだり、メロディに合わせて体を揺らしながりしながら、優雅(が)なひと時を過ごした。

 

 高尾の田外瑛子さん(80)は「耳なじみのある素敵な曲ばかりで楽しめました」と話していた。同所で開催中の「菖蒲(あやめ)を愛(め)でる会」(敬神婦人会主催)に合わせて初めて実施した。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG