注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

道の駅・久米の里「自然薯まつり」

経済・産業
         

 「自然薯まつり」が12月3日、宮尾の道の駅・久米の里で始まった。
開店と同時に市内外から多くの人が訪れ、甘みとねばりの強い久米地域の特産品を買い求めている。12月4、11、12日にも開催する。
 設けられた特設テントで同久米の里自然薯生産組合の12戸が栽培した自然薯を販売。2000円以上の化粧箱入り贈答品をはじめ、500円から2000円以下の手ごろな価格のパック入りなどが並んでいる。中には大きくて重い7000円代の高級品もあり、来店客は、お目当ての品を次々と手に取り購入していた。販売は売り切れ次第で終了する。
 贈答品を買っていた浅図久美子さん(53)=美咲町錦織=は「一度食べてとてもおいしくて驚いた。ぜひ、知り合いにも食べてもらいたい」と話した。
 北田修三組合長(67)は「今年は身もしっかりしていて豊作だった。自然薯本来の香りも強くて楽しめる。定番のとろろごはんなどで味わってみてほしい」とPRしている。

写真 久米地域特産の自然薯を買い求める人たち


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG