注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

道の駅・久米の里で「ぶどうまつり」始まる

行政・公共 旬の味覚を買い求める人たち
         

 岡山県津山市宮尾の道の駅・久米の里で「ぶどうまつり」が始まった。久米地域の新鮮なブドウを求めて、買い物客が訪れている。30日まで。
 ニューピオーネを1房500〜700円程度で販売。中旬にはシャインマスカットが最盛期となり、1房約1000〜2000円で店頭に並ぶ。価格は重さによって異なり、いずれも市価よりも2割ほど安い。
 初日は、開店前から待つ人もおり、午前9時半の販売開始と同時にたくさん購入していった。末永圭子さん(74)=河辺=は「孫や親戚、県外に住む友人たちに毎年贈っている。おいしいと評判で、みんな楽しみにしている」と話した。
 浅図美鈴事務長(60)は「今年は悪天候の影響などが心配されたが、色も良くて甘味のあるブドウが実ったと聞く。地方発送も行っているのでたくさんに人に味わってもらいたい」とPRしている。
 昨年から続くコロナ禍の影響で会期を1カ月間延長し、テント販売を中止。インターネットや電話などでも注文も受け付けている。

旬の味覚を買い求める人たち


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG