注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

ガラスで「瀬戸内海」表現  工芸家の杉山さんが作品展 「生き生きとした気持ちに」/岡山・津山市

芸術 新たに開発した2色ガラス・ブルー&オリーブの作品
新たに開発した2色ガラス・ブルー&オリーブの作品=岡山県津山市で
         

 香川県高松市のガラス工芸家・杉山利恵さんの作品展「ブルー&オリーブ」が、岡山県津山市のポート・アート&デザイン津山で始まった。瀬戸内海の青い海原と緑豊かな讃岐の山や島をイメージさせる爽やかな色合いの器やオブジェに来館者が見入っている。27日まで。

 5回目の開催となる今回は計235点を出展。地元特産「庵治石(あじいし)」の粉を加えて醸した青色の「アジガラス」、オリーブの枝葉の粉末を溶かし込んでできた緑色の「オリーブガラス」に加え、2色を合わせたガラス「ブルー&オリーブ」を使った新作も披露している。

 会場には水滴のような形の「しずく泡」や愛らしい鳥を模した「幸せの蒼(あお)いとりさん」といったオブジェをはじめ、皿やコップなどの日用品や額縁に収められたアート作品がずらり。このうち新作は緑と青色のコントラストとグラデーションが美しく、訪れた人たちの目をひきつけていた。

 展示品は販売もしており、早速コップを購入した小田中の会社員・菅毅さん(62)は「色合いと透明感が涼しげで魅力的。普段の生活の中に取り入れることで、とても生き生きとした気持ちになれる。杉山さんの作品はとても気に入っていて、そろえてみたい」と話していた。


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG