注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

2022津山市民総合音楽祭

芸術
         

「2022津山市民総合音楽祭」が4日、山下の津山文化センター大ホールで始まった。18日まで計3回行われ、市内で活動する計23団体約280人が日ごろの成果を発表する。
 津山文化振興財団が主催する恒例のコンサート。コロナ禍の影響で3年ぶりの開催となった。初日は「合唱室内楽コンサート?」を実施し、10団体約140人がマスクを着けるなどの感染対策をして出演した。
 このうち「津山邦楽合奏団」は琴を演奏。メンバー13人で奏でる幽玄な調べが会場を包み込んだ。津山市民合唱団「はるか」は長年親しまれてきた唱歌「旅愁」(ジョン・P・オードウェイ作曲、犬童球渓作詞)をアカペラで披露した。バス、テノール、アルト、ソプラノの美しいハーモニーが響き渡り、聴衆約480人は静かに耳を傾けた。各グループの演目が終わるごとに大きな拍手が送られた。
 市内のコーラスグループで活動を続けている川育子さん(81)=小原=は「みなさんの頑張っている姿を見て、元気とやる気が出た。来年こそは新型コロナウイルスが収束し、自分たちも参加できるようになりたい」と話した。
 11日は「合唱室内楽コンサート?」、最終日は「日本音楽コンサート」が開かれる。開演は両日とも午後1時半から。

美しい琴に調べを奏でる津山邦楽合奏団


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG
error: この記事はコピー禁止です。