注目キーワード
  1. 地域
  2. イベント
  3. 津山

ホルモンうどんライバル対決 岡山県津山が勝利

食関連
         

 「ホルモンうどん」をご当地グルメとしてPRする岡山県津山市と兵庫県佐用町にある飲食店2店の味比べ対決の決着戦が3日、佐用町商店街で開かれ、多くの人で盛り上がった。両者1勝1敗のまま突入した3回戦は300食を売り切る早さを競い、僅差で津山が制し、勝利を手にした。
 長年続く同商店街の「大収穫祭」でにぎわう中、約800の通りの一角に岡山県津山市上河原の「お好み焼三枝」と佐用町の「鉄板焼きふじ」が陣を構えた。午前10時の販売開始時には、早くも両店舗の前に行列ができ、みなあたりに漂う香ばしいたれの香りを嗅ぎながら、出来上がりを待っていた。
 勝負は津山がリードし、その後を佐用が追うペースで進み、11時3分に「津山ホルモンうどん」の売り上げが規定数に到達。6分後に「佐用ホルモン焼うどん」が追いつくかたちになった。
 対決は「津山ホルモンうどん研究会」と「佐用ホルモンうどん食わせ隊」が姫新線沿線と両地域の活性化を目的に交流を深めていき実現。最後に、佐用ホルモンうどん食わせ隊の広報隊長・千種和英さん(55)は「リベンジをしたい」と闘志を燃やし、三枝の上山康裕店長(52)は「受けて立とう」と答えた。
 ふじの経営者で、佐用町観光協会の北村広樹会長(49)は「回を重ねるごとに、県境をまたいで行きかう人が増えてきた。グルメイベントが観光振興の一つになっていると実感した。今度は鳥取県の『ホルモン焼きそば(ホルそば)』なども含め、幅広いエリアの人が交流できるきっかけをつくれたら」と話している。

(写真)多くの人でにぎわったホルモンうどん対決

健闘を称え合う千種さん(左)と上山店長
津山ホルモンうどんを食べる兵庫県佐用町の小学生ら

<関連記事>


>津山・岡山県北の今を読むなら

津山・岡山県北の今を読むなら

岡山県北(津山市、真庭市、美作市、鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町、新庄村、西粟倉村)を中心に日刊発行している夕刊紙です。 津山朝日新聞は、感動あふれる紙面を作り、人々が幸せな笑顔と希望に満ちた生活を過ごせるように東奔西走し、地域の活性化へ微力を尽くしております。

CTR IMG